般若心経

  • 読み:はんにゃしんぎょう
  • 別名:般若波羅蜜多心経

般若心経の意味(般若心経とは)

般若心経とは、正式に般若波羅蜜多心経と言います。

サンスクリット語の原典では、タイトル名はないのですが、最後の言葉に「経」をつけることで、タイトルになりました。

曹洞宗臨済宗などを始め、多くの仏教で広く読まれ、仏教の基本とも言える経典になっています。

般若心経は紀元前後にはすでに原型があり、12世紀には完成したといいます。般若心経は一つではなく、抜粋してまとめたものが、現在良く知られている経典になっています。

般若心経の実際

般若波羅蜜多は完全なる智慧という意味があります。般若心経の心は、真髄という意味があります。

般若心経に特出する智慧は、大乗仏教における「空」の理念です。

すべては空であり、無いことであるとされているのは「五蘊」「十二処」「十二縁起」「四諦」といった法です。

法は、世の中に真に存在するものとされています。

しかしその法も観念でしかなく、無常なものであるから、執着するのは苦になるため、煩悩を失くせば悟りに至るというのが、般若心経における空の考え方です。

関連する用語:木魚 経本 大蔵経 律蔵 経蔵 論蔵 仏教 仏陀 念仏 和讃 経机 勤行集 在家経典 唱題 称名 経典

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。