真言宗

  • 読み:しんごんしゅう
  • 別名:真言陀羅尼宗、曼荼羅宗

真言宗の意味(真言宗とは)

真言宗とは大日如来本尊とする仏教の宗派です。

平安時代に弘法大師空海が開いた宗派で、本山は高野山金剛峯寺になります。この身のままで仏になるという即身成仏を説いています。

修行は、身口意の三密修行で、身体、言葉、心の修行を行うことで、誰でも仏になることができるとしています。

平安時代に貴族の間から広まり、加持祈祷を行いました。

真言宗の実際

真言宗は空海が中国の西安市にある青龍寺で恵果に学び、日本へ持ち帰った密教です。

分派が多いことでも知られる真言宗ですが、一般的に、位牌墓石戒名梵字の阿を刻みます。これは即身成仏をしたという意味です。

仏壇においては大日如来本尊にまつります。

葬儀では、授戒を葬儀式の途中に、引導に際しては灌頂を行うのが特徴です。

また、速疾成仏とも言われ、一刻も早く仏弟子にするということで、お経は小さい音で、早口で読まれる特徴もあります。

実際の葬儀には、分派の多い宗派ごと、地方の習慣ごとに異なる進行で行われます。

真言宗に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。