エンディングパーク

受戒

  • 読み:じゅかい
  • 別名:

受戒の意味(受戒とは)

受戒とは、仏門に入るため仏弟子として戒律を受けることをいいます。

受戒は戒名を受け取る、頂くことであり、お坊さんだけでなく一般信徒も生前に戒名を受け取ることが可能です。

キリスト教では受戒のことを洗礼といい、生前に名を頂くことになります。

受戒の実際

現代では「受戒(戒名を頂く)=死後に行なうこと」と認識されがちですが、本来は生前に頂くものです。授けられた名前は「私は仏の弟子となり、教えと規律を守ります」という誓いの証であり、そのことからも、生前に受け取るべきものであることが分かります。

生前受戒を希望する場合は、信仰する宗教の施設や、将来お世話になる(葬儀を行なう)お寺で儀式を行なうことになります。親身に相談に乗ってくれるお寺や住職も多いですので、気になる場合は一度相談してみるとよろしいでしょう。

関連する用語:お布施, 戒名, 法名, 菩提寺, 帰敬式, 剃髪, 授戒会, 得度式, 灌頂, 俗名
タグ:檀家 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , お寺 , 戒名 , クリスチャン

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集