門徒

用語を保存しました

門徒の意味(門徒とは)

門徒とは元々「同じ宗派を信仰している人々」を指す言葉でしたが、一般的には、浄土真宗を信仰する人のことを言います。

浄土真宗では「檀家」という言葉を用いず、門徒と呼びます。これは浄土真宗の教えが家よりもまず個を重んじ、個の救いが家、社会に広まることを願っているためです。

また、浄土真宗そのもののことを門徒宗と呼ぶこともあります。

門徒の実際

寺院にある葬儀を行ったり、集いの場になっている会館を「門徒会館」と称することがありますが、上記の理由から、この寺院の宗派は浄土真宗であるということが分かります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend