エンディングパーク

教化

  • 読み:きょうか、きょうけ、きょうげ
  • 別名:教導化益

教化の意味(教化とは)

教化とは「教導化益」の略称で、徳をもって人々を正しく(善に)導くことを意味します。

教化は押し付けるものではなく、自らの体験・姿をもって相手を導くものであり、強制は行いません。

「教育」という言葉と同義で使用されることもありますが、「教化」とある場合は、宗教的あるいは政治的に人々を導き、教えを説くことを意味します。

また、現代では『教化=教え導き仏道に入らせる』という意味でも使われ、法要の際、仏前で朗唱する讚(さん・仏徳をたたえる言葉)の一種も教化といいます。

教化の実際

教化には様々なかたちがあり、指導者が民衆へ、僧侶信徒へという場合はもちろんのこと、両親がその子供へ行うということもあります。

宗教に熱心な家庭は特にその傾向が強く、幼い頃から教化がなされます。そうして、熱心な教化を受けて育った子供が、今度は自分の子供へ教化を行う、ということも珍しくありません。

人々を導くためにある教化ですが、「洗脳と変わりない」と警戒する人も多いので、絶対に強制してはいけません。教化の目的は教えを押し付けることではなく、共感を得るところにあるからです。

関連する用語:菩提寺, 菩提, 檀家, 檀那寺, 檀家制度, 信徒, 門徒, 帰敬式, 洗礼, 氏神, 氏子, 寺請制度, 頭陀行, 戒律
タグ:お寺 , 法事法要 , 檀家 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集