エンディングパーク

他力本願

  • 読み:たりきほんがん
  • 別名:絶対他力、他力

他力本願の意味(他力本願とは)

他力本願とは、自分の力によらず、仏の力によって救われることです。親鸞によって広められた仏教語です。他力は阿弥陀仏の力の意味で、自力とは反する言葉です。

浄土教や阿弥陀仏信仰の根本となる教義でもあります。

本願とは阿弥陀仏が、命ある全てのものを極楽浄土往生させるとする、誓願を意味しています。

阿弥陀仏の本願力を他力として、念仏を唱えることで浄土へ往生することを願うことを、他力本願といいます。

自らが修行などを行い、その功徳があって初めて悟りを得るという自力の考え方に対して、阿弥陀仏の本願で救済されるというのが、他力本願の考え方です。

他力本願の実際

他力本願は、他人を当てにするという意味で日常語として定着している四字熟語でもあります。他人の力で自分の望みがかなうという意味で理解されているため、往々にして仏教語としての他力本願の解釈も誤解されがちです。

政治家や企業が他力本願という言葉を、本来の仏教語の意味を理解しないで使用したため、浄土教各派が厳重に注意したというケースもあります。

関連する用語:極楽浄土, 親鸞, 悪人正機, 自力, 浄土教, 門徒, 浄土真宗, 浄土真宗本願寺派, 真宗大谷派, 南無阿弥陀仏, 来迎, 日想観
タグ:親鸞 , 浄土真宗

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集