西本願寺

  • 読み:にしほんがんじ
  • 別名:浄土真宗本願寺派本願寺、龍谷山本願寺、お西さん

西本願寺とは

西本願寺とは、京都市下京区にある浄土真宗本願寺派の本山です。

親鸞の娘、覚信尼が開基したといわれています。

国の史跡に指定され、古都京都の文化財として、世界遺産に登録されています。

東本願寺と区別するため、お西さんの相性で親しまれています。

西本願寺の歴史と今

11代法主の顕如没後、豊臣秀吉の支持を得て、二男の准如が12代目を継ぐこととなった本願寺ですが、秀吉の没後、長男の教如が徳川家康の支援で、もう一つの本願寺を開きました。

これが本願寺の東西分立になります。

昭和62年に東本願寺が「宗教法人 本願寺」を解散し、真宗大谷派に合併され「真宗本廟」となるまでは、東西とも本願寺が正式名称になっていました。本願寺から見て東にあたる本願寺を東本願寺と呼び、相対的に西本願寺の通称ができたとも言われます。

御影堂阿弥陀堂などは重要文化財に指定されています。

金閣、銀閣と並んで京都三名閣の一つといわれる国宝の飛雲閣や唐門、太鼓楼など、桃山文化華やかなりしころの建築物を楽しめます。

関連する用語:親鸞 浄土真宗 飛雲閣 東本願寺

西本願寺 に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。