手作り葬

  • 読み:てづくりそう
  • 別名:DIY葬,オーダーメイド葬

手作り葬の意味(手作り葬とは)

葬儀社にすべて依頼する形式の葬儀が一般的な方法であることに対し、葬儀担当者に相談しつつも自分たちで備品や葬儀内容を考えていく方法のことをいいます。

葬儀社が用意したパンフレットから式場や祭壇といった葬儀に必要なものを選ぶ流れではなく、自宅で行い、必要なものを自分たちで選択し、購入することもあります。

通夜ぶるまいなどの食事もお寿司やオードブルが一般的ですが生前亡くなった人が好きだった肉じゃがやカレーなどの家庭料理を振る舞うなど、1つ1つの選択肢の自由度が高い葬儀です。

手作り葬の実際

自宅葬を請け負う葬儀社は一般的ですが、家族と葬儀社が協力をして行う手作り葬は積極的に受けている葬儀社は少ない状況です。

プランによる画一的な葬儀方法ではなく、家族の想いによりそってオーダーメイドで行われる葬儀にあたるので、葬儀担当者の経験や人柄によって内容の質も大きく変化するといえます。

関連する用語:自宅葬 家族葬 弔い 供養 葬儀社

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。