エンディングパーク

弔い

  • 読み:とむらい
  • 別名:葬式、お悔やみ、供養

弔いの意味(弔いとは)

弔いとは、葬式や、法事、弔問などを表す言葉です。

亡くなった人を思い、遺された寂しさの中で行われるのが弔いです。

「弔い」に似た言葉に「供養」があります。どちらも、亡き人の死を悲しみ、偲び、哀悼の気持ちを表すことです。

両者は近い意味を持っていますが「供養」が祈りの対象が明確な場合が多いことに対して、「弔い」は対象が明確な場合だけでなく、対象が広い場合にも用いられる特徴があります。

弔いの実際

弔いの形も時代と共に変化をしています。儀式としての葬儀を省略した「直葬」とよばれる簡素化された弔いが2000年代の後半に都市部を中心に広がりつつあります。

また、遺書やエンディングノートに、自分の葬儀は不要であると記す人もみられます。

現代の弔いが、時に高額のコストがかかり、儀式化し虚礼化している面が指摘されることや、価値観が多様化する社会状況が背景にあります。

身近な人が亡くなるという経験には、悲しみを癒し受け入れるというグリーフワークの時間が必要で、葬儀などの弔いの儀式を執り行うことが、悲しみから立ち直るため手助けになるともいわれており、弔いの意味が問い直されています。

関連する用語:盆踊り, 供養, 弔問, 弔い上げ, 弔い合戦
タグ:供養と弔い , 葬儀・葬式 , 弔問

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集