エンディングパーク

立正佼成会

  • 読み:りっしょうこうせいかい
  • 別名:

立正佼成会とは

立正佼成会とは、霊友会から発生した法華経系の新宗教教団です。本部は東京都杉並区にあります。

1938年に霊友会を脱会した庭野日敬と長沼妙佼が創始しました。当初は大日本立正交成会という名称でした。

創価学会に次ぐ規模を有する新宗教教団と言われています。経典は法華経三部経で、先祖供養を重要視することに特徴があります。

特徴的な布教活動に、信者がリーダーを中心にグループで生活の悩みや信仰について語り合う法座と呼ばれる活動を行います。

立正佼成会の歴史と今

学園や病院の経営を行い、オーケストラなど文化活動に力を入れています。日蓮宗などとの交流も盛んで、平和主義を掲げています。

庭野平和財団などを通じて平和運動に努めています。海外にも拠点を伸ばし、アメリカ、ブラジル、台湾、韓国、香港、オーストラリア、シンガポール、イギリス、タイ、インドなど世界各国に広がっています。

関連する用語:法華経, 仏教, 念仏
タグ:宗旨宗派 , 東京都 , 先祖 , イギリス , 韓国 , アジア , 海外 , 病院 , 日本 , インド , アメリカ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集