宗旨替え

  • 読み:しゅうしがえ
  • 別名:宗旨変え

宗旨替えの意味(宗旨替えとは)

宗旨替えとは、広義に言えば自分が信仰している宗旨宗派を変更することです。

仏教なら仏教の中で宗旨宗派の変更を行うなど、同じ宗教間での変更を指す言葉です。

狭義で言えば、寺請け制度の菩提寺を別の宗旨の寺に変更することをさします。その寺院檀家をやめて、別の寺の檀家になることです。

宗旨替えの実際

先祖の菩提寺から遠く離れたところで生活している人が菩提寺から離檀して、先祖代々の墓を引越して改葬し、自宅周辺の檀家を募集している寺院に宗旨替えをするといったケースもあります。

宗旨替えに関しては、離檀をすること、墓を処分して墓地を更地にして寺院に返却すること、新しい寺院への建墓、納骨、場合によっては戒名を変えたり、仏壇などを新しく購入する必要が出てくることもあります。これらには費用がかかります。

墓を移すには、書類をそろえて、元の菩提寺と新しい菩提寺を往復したり、時間がかかります。菩提寺と相談しながらひとつひとつ進めていく必要があります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。