宗旨替え

用語を保存しました

宗旨替えの意味(宗旨替えとは)

宗旨替えとは、広義に言えば自分が信仰している宗旨宗派を変更することです。

仏教なら仏教の中で宗旨宗派の変更を行うなど、同じ宗教間での変更を指す言葉です。

狭義で言えば、寺請け制度の菩提寺を別の宗旨の寺に変更することをさします。その寺院檀家をやめて、別の寺の檀家になることです。

宗旨替えの実際

先祖の菩提寺から遠く離れたところで生活している人が菩提寺から離檀して、先祖代々の墓を引越して改葬し、自宅周辺の檀家を募集している寺院に宗旨替えをするといったケースもあります。

宗旨替えに関しては、離檀をすること、墓を処分して墓地を更地にして寺院に返却すること、新しい寺院への建墓、納骨、場合によっては戒名を変えたり、仏壇などを新しく購入する必要が出てくることもあります。これらには費用がかかります。

墓を移すには、書類をそろえて、元の菩提寺と新しい菩提寺を往復したり、時間がかかります。菩提寺と相談しながらひとつひとつ進めていく必要があります。

<関連する用語>:宗旨宗派 寺院 仏教 檀家制度 檀那寺 菩提寺 離檀 寺請制度

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend