方便

  • 読み:ほうべん
  • 別名:

方便の意味(方便とは)

方便とは、仏教において悟りに近づく方法や、近づかせる方法のことを言います。

また、人を真実の教えに導くため、仮に取る便宜的な手段のことをさす言葉でもあります。

方便はインドのupaya ウパーヤという言葉からきたものです。ウパーヤには目的に近づくという意味があります。「方便は衆生を教え導く巧みな手段」とか「真実の教法に誘い入れるために仮に設けた教え」という意味があります。

方便の実際

方便を「たつき」と読み、手付と同意で使うこともあります。何かを知るために手を付ける、手がかりとするという意味です。

うそも方便という言葉がありますが、うそは良くないことだけれども、良い結果を得るための手段として、時には必要であるという意味で使われます。

転じて詭弁と同義語のようにとらえられることもありますが、本来は仏教の考え方からきた言葉です。

法華経では、方便を開いて真実を表すということが重要視されています。

関連する用語:仏教 念仏 読経 題目
タグ:仏教 お寺 インド

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。