出棺

  • 読み:しゅっかん
  • 別名:見送り

出棺の意味(出棺とは)

告別式が終わると、を式場中央に配置するなどして、最期の対面になります。

祭壇に飾っていた花を切り、棺の中に入れたり、故人の愛用品や枕団子枕飯を収めたりします。火葬場では規定によりお顔を見てのお別れができない場合も多いですので、親族会葬者にとっては、故人との最期の対面の時間になります。

くぎ打ちは、故人と関係の深かった遺族から順に打ちますが、近年は、くぎ打ちをしないケースも増えてきました。その代わりに、棺の蓋を閉めるときに、皆で手を添えたり、棺の上にお別れの花束を置いたりという場合もみられます。

出棺の実際

は、ご遺体の足を先にして、複数の男性の手で運び出します。喪主位牌を、遺族代表が遺影を持ってそのあとに続きます。

棺が霊柩車に乗ったら、出棺見送りになります。

遺族代表のあいさつをします。遺影と位牌は、会葬者の方を向けて立ち、終わったら一礼します。その後は車で火葬場へ移動します。

火葬場では火葬許可証が必要になります。葬儀社に一任している場合も含め、この書類がなければ火葬できなくなるので、確認が必要です。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集