エンディングパーク

お別れ花

  • 読み:おわかればな
  • 別名:別れ花

お別れ花の意味(お別れ花とは)

お別れ花は、葬儀を終えて出棺の際に、参列者が一輪ずつ花をに入れる儀式です。故人との最後のお別れの儀式でもあります。

お別れ花は葬儀社のスタッフが、白百合や菊などの花をお盆に乗せて参列者の間をまわります。参列者は一輪ずつ花を手に取って、故人の周りに飾っていきます。

この際、花は故人の好きだったものを選び、花と一緒に、生前に愛用していたものを一緒に棺に収めます。不燃物などは避け、厳選したもの数点入れるようにします。

お別れ花の儀式が終われば、くぎ打ちになります。火葬場では顔を見てお別れできないことも多く、故人と対面してお別れをする、最後の時間となります。

お別れ花の実際

祭壇を生花で覆った花祭壇が一般的になり、故人の好きな生花を贅沢に使用した葬儀が増えています。

花祭壇の場合、葬儀社の方から、祭壇やお供えに使われた花を、につめてお別れ花に使うかどうかという確認があります。

葬儀に使用した故人の愛した花ですから、お別れ花にして棺に詰めてあげるのもいいでしょう。残った分を持ち帰って、お供え花にすることもできます。

葬儀社のスタッフは、その場で花を切って対応してくれますので、聞いてみましょう。

関連する用語:出棺, 火葬, 野辺の送り, くぎ打ち
タグ:参列 , 葬儀・葬式 , , 埋葬 , 花祭壇 , 葬儀社 , 葬儀屋

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集