プリント棺

  • 読み:ぷりんとかん
  • 別名:

プリント棺の意味(プリント棺とは)

プリント棺とは、が合板でできていて、表面には木目などをプリントしたシート状のものを貼り付けてあるものをいいます。

家具などにも、木目調のプリントが施してあるものが多くありますが、同じ形式とお考えください。

プリント棺は、一般的に木目調のもので、色にバリエーションを持たせて、さまざまな木目をプリントしてあります。

桐や檜は薄めの色合い、杉やケヤキは茶色の木目が濃い目のプリントになっていて、本物にそっくりなプリントもあります。

プリント棺の実際

檜(ひのき)プリント、杉プリント、欅(けやき)プリント、桐プリントなど、それぞれの木目を模したがあります。

棺自体の仕様によってアール棺平棺の形状が選べます。

プリント棺は汚れや水に強く、傷がつきにくいのが特徴といいます。

日本では木目のタイプがほとんどですが、欧米では自由にプリントを施した棺もみられます。

イギリスでの例として、再生紙を材料にした棺でさまざまな画像が印刷できるプリント棺(クリエイエィブ・コフィンズ社)が話題を呼びました。

関連する用語:インロー棺 アール棺 平棺 山型棺 桐棺 布張館 彫刻棺 出棺

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。