山型棺

  • 読み:やまがたかん
  • 別名:

山型棺の意味(山型棺とは)

山型棺とは、の種類で、蓋の部分が山型に盛り上がっている棺をいいます。

山型棺に対して、蓋が平らになっているものを「平棺(ひらかん)」と呼びます。

その他、アール棺、ドーム型、かまぼこ型などの形状があります。

山型棺の実際

の種類には明確な基準があるものではなく、単純に平棺よりも山型棺が割高ということはありません。

材質や塗りであるかどうか、葬儀社による価格設定などによって大きく異なります。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。