還骨法要

用語を保存しました

還骨法要の意味(還骨法要とは)

火葬が終わった後に、斎場や自宅へ戻って行われるのが還骨法要です。

後飾り壇に、位牌遺骨、遺影を安置して、僧侶による読経があり、お焼香を行います。30分程度の法要になります。

この際、初七日法要をかねて行うケースが増えています。初七日は葬儀から1週間後に、再び親族を集めることを考慮し、簡略化して葬儀の当日に行っておくわけです。

そのあとは葬儀の会食にあたる精進落としが続けて行われ、長い葬儀・告別式の行事の終了になります。

還骨法要の実際

初七日法要を葬儀当日に行うことが増え、精進落としも同じ日に行われることから、料理店など食事のできる場所を会場に行われるケースも多くなっています。

法要の際には、僧侶と今後の法要の日程を確認し、四十九日の予定を立てておくとスムーズでしょう。

最後に集まった人たちで食事をとって、故人の思い出話などを語りながら、長かった一日を終えます。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend