荼毘

用語を保存しました

荼毘の意味(荼毘とは)

荼毘火葬、荼毘に付すとは火葬することを指します。

荼毘(だび)という言葉は「荼毘に付す」というかたちで現在もよく用いられています。

起源は、火葬を意味する単語をパーリ語でjhāpeti、サンスクリット語でdhyāpayatiと言い、その音から取ったとされています。パーリ語は上座部仏教、サンスクリット語は大乗仏教経典に用いられた言語です。そのため厳密には、「荼毘に付す」という言葉は仏教徒に対してのみ用いられます。

荼毘の実際

祭壇を飾るなど儀式的なことをせずに、シンプルに送る葬儀のことを荼毘葬という場合があります。現在は、直葬(ちょくそう・じきそう)という呼び方が広く使われています。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend