遺灰

  • 読み:いはい
  • 別名:遺骨

遺灰の意味(遺灰とは)

遺灰とは、故人を荼毘に付して残った灰状の遺骨のことです。

最近では、海洋散骨手元供養など新しい供養の方法の増加に伴い、遺骨を粉末化して遺灰として供養するケースも増えています。

遺灰の実際

遺骨そのものが粉骨器にかけられて「灰」になるわけではないのですが、粉末状にした遺骨を遺灰として、従来の葬送にない新しい供養を提案する業者が増えています。

遺骨の一部だけを粉末加工して、遺灰として供養することもできるため、お墓と併用して遺灰を手元に置いて供養することもできる(手元供養、自宅供養などと呼ばれています)ことが特徴です。

手元供養では、遺灰を珪素に混ぜて作る遺骨ペンダント、遺灰ダイヤモンドなどが見られます。

関連する用語:遺骨 散骨 自然葬 手元供養 カロート 骨壷 納骨 収骨 荼毘 仏舎利

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。