カロート

  • 読み:かろーと
  • 別名:

カロートの意味(カロートとは)

カロートとは、お墓のお骨を納める納骨室のことをさします。お墓の地下の部分にあたります。

一般的なお墓では、カロートの入り口は石の版などでふさがれていて、納骨する時にだけ、石の板を移動させて、骨壷を納めます。

カロートという不思議な語感ですが、「かろうと」「からうど」という日本語が語源で、漢字では「唐櫃」と書くようです。

Caroto2

二段カロートの例

カロートの実際

カロートには棚があり、複数の骨壷が納めることができるようになっていますが、もし納骨する骨壷の数が、カロートのスペースに収まりきらなくなった場合、骨壷から遺骨を取り出して、カロートの下の土の部分に埋葬したり、布の小さな袋に移し替えるなどの方法をとります。

カロートの開け閉め

カロートの開け閉めはご自身で行っても問題はありません。

カロート内に雨水などが侵入することなどもあるので、納骨時やお墓参りの時に風を通してあげるとよいでしょう。カロート内の点検をしてくれる石材店もあります。(費用は石材店によってまちまちです)

慣れていないと開け閉めの際に、石が欠けてしまったりすることもあるので、費用はかかりますが、不安な方は石材店に相談するとよいでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。