竿石

用語を保存しました

竿石の意味(竿石とは)

竿石とは、お墓の一番上に設置された縦長の石のことで、墓標となる文字(家の名前など)を彫り込んだ石をいいます。

竿石の大きさは、7寸~8寸(約21cm~24cm)四方が多く、大きなものでは1尺以上(約30cm)四方という竿石もみられます。

竿石の例

竿石の実際

竿石の裏側には、その墓石を建立した人の名前を彫る場合が多いです。

通常、建立者の名前は赤色(朱色)に塗られていて、その方が亡くなれば白色または黒色に塗ることが一般的です。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend