竿石

  • 読み:さおいし
  • 別名:棹石

竿石の意味(竿石とは)

竿石とは、お墓の一番上に設置された縦長の石のことで、墓標となる文字(家の名前など)を彫り込んだ石をいいます。

竿石の大きさは、7寸~8寸(約21cm~24cm)四方が多く、大きなものでは1尺以上(約30cm)四方という竿石もみられます。

Saoishi

竿石の例

竿石の実際

竿石の裏側には、その墓石を建立した人の名前を彫る場合が多いです。

通常、建立者の名前は赤色(朱色)に塗られていて、その方が亡くなれば白色または黒色に塗ることが一般的です。

タグ:お墓・霊園

竿石に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。