仮埋葬

  • 読み:かりまいそう
  • 別名:仮埋め

仮埋葬の意味(仮埋葬とは)

仮埋葬とは、正式に遺骨墓地などに納骨するまでの間、仮の処置として一時的に埋葬しておくことです。

仮埋葬の始まりは土葬(仮に遺体を土の中に埋めていくこと)からきていると言われています。一時的に仮埋葬として土葬された遺体は後に、掘り起こして洗骨または火葬されて、正式な埋葬地、墓へ納骨するなどの対応が行われます。

仮埋葬の実際

戦争や震災などの理由で、火葬が間に合わない程の大人数の死者が出た際などに火葬を待つまでの間、仮埋葬を行うことがみられます。

仮埋葬の多くは戦争中に亡くなった方たちの実例が多く、仮埋葬地だった場所は現在、公園やお寺となっています。戦争で亡くなった方の遺体の多くは仮埋葬をしたのちに掘り起こして遺族が確認する事ありましたが、腐敗も激しく確認が難しかったため、戦死した者の多くの遺体は供養塔墓石を建てて、供養しました。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。