エンディングパーク

古墳

  • 読み:こふん
  • 別名:高塚

古墳の意味(古墳とは)

古墳とは日本で3~7世紀にかけて築造された墳丘のある墓を指します。墳丘墓の中でもこの時期のものを区別して古墳と呼びます。

古墳は世界各地にあり、国家統一の初期に出現しており、古墳は当時の権力者の象徴ともなっています。

大きな古墳には装飾品、亡くなった権力者の殉死者の役割をする埴輪などが収められ、権力の大きさが規模の大きさに比例していると考えられています。

日本では、兵庫県、千葉県、鳥取県、福岡県、京都府に多く古墳があり、全国の総数で160,000基を超えると言われています。

古墳の実際

古墳の基本形には、円墳、方墳、八角墳、双方中円墳、上円下方墳、双方中方墳、帆立貝形古墳などの種類があり、山が二つある古墳では、前方後円墳、前方後方墳、双円墳、双方墳などがあります。埋葬施設には竪穴系と横穴系のものがあります。

古墳は樹木が生い茂った森のようになって、自然の丘陵のように見えますが、最初に建造された時には、人工的に建造した状態のままでした。長い時間の経過とともに、現在の状態になっています。五色塚古墳などのように、建造当時の状態を復元した古墳もあります。

関連する用語:聖徳太子, 殯宮, 火葬, 風葬, 外国人墓地, カロート, 公営霊園, 埴輪
タグ:お墓・霊園 , 儀礼 , 古墳 , 京都 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集