「定年後」に関連する用語一覧

選択定年制

選択定年制とは、定年退職を前に、サラリーマン(被雇用者)が自分の自由意思(自己都合)で早期退職を選択できる制度のことです。1990年代に入って団塊の世代が50歳にさしかかると、多くの企業で平均年齢が上昇し、組織の硬直化が進みました。選択定年制はその打開策として、大企業を中心に導入された、組織の若返りを狙う制度の一面を持ちます。選択定...続きを読む

生活の質(QOL)

QOLは、英語のクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)の略称です。人間らしく、自分らしい生活を送り、人生に満足感や充実感を持って暮らしているか。そういった一人一人の人生の質や社会的にみた生活の質に重点を置く考え方です。第二次世界大戦以後の復興の中では、日本を含め多くの国が国民総生産(GNP)の増大を国家目標として...続きを読む

住宅セーフティネット法

「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」の略称で、住まいの確保が困難な人々への支援策の一つとして2007年に制定されたものです。制定当時12条の短い条文だったものが、2017年2月の改定では64条に拡大し、ほとんどの条文は新設されました。改定案では、住宅確保要配慮者(高齢者、低額所得者、子育て世帯、障害者、被災者...続きを読む

アクティブシニア

アクティブシニアとは、自分の価値観をもち、定年退職後や還暦後も、趣味やさまざまな活動に意欲的で元気なシニア層のことです。「一般社団法人日本アクティブシニア協会」は、アクティブシニアを前期高齢者(65~75歳)と定義しています。この言葉は、2007年に団塊世代が定年を迎えた頃から使われるようになりました。団塊の世代は1960年代に青春...続きを読む

ヤング・オールド・バランス

若者世代と高齢者世代の間の所得や肉体的、精神的、収入面の負担のバランスを意味している言葉です。現在の日本の社会保障制度は、負担を先送りにしている点が問題となっています。先送りにした負担を担うのが、今の若者世代の人々です。世代間格差が今以上に大き広がらないように、互いの世代が納得して不公平感のないバランスを実現させることが課題になって...続きを読む

プロボノ

プロボノとは、様々な分野の専門家が自身が持つ技術や技能、知識や経験を活かして社会貢献活動を行うことを指しています。ラテン語の「Pro Bono Publico」が語源となっており、「公共善のために」という意味です。このプロボノは、ボランティア活動の一種ですが、社会人が仕事を継続しながら無理のない範囲で活動することができるため、ボラン...続きを読む

超高齢化社会

超高齢化社会とは、65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)が21%を超えた社会であると世界保険機構(WHO)によって定義されています。この割合が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会と呼ばれます。日本は1970年に高齢化社会になってから、24年後に高齢社会、さらに13年後で超高齢社会となりました。日本の高齢化率は世界で...続きを読む

コミュニティカフェ

コミュニティカフェとは、人と人とを結ぶ地域社会の場や居場所の総称です。長寿社会文化協会(WAC)が定義しました。2000年以降に急速に増え、その運営はNPO法人や任意団体、個人が主体となっています。空き家・空き店舗・自宅などを利用して開設され、毎日開催から週1のまでさまざまなカフェがあります。飲食スペースが設けられている他は、イベン...続きを読む

人生100年時代

人生100年時代とは、100歳まで人生が続くのが当たり前となる時代のことです。リンダ・グラットンの著書「LIFE SHIFT ――100年時代の人生戦略」(2016)が世界中で話題になり、日本でも広く知られるようになりました。現在の日本人の平均寿命は男性80.75歳(2015年)女性86.99歳(2015年)で、今後も伸びていくこと...続きを読む

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは、高齢者が住み慣れた地域で暮らせるように本人とその家族を支援していくための市町村などの各自治体が設けている拠点です。高齢者の困ったときの相談総合窓口とも言えます。2005年に介護保険法改正により制定されました。介護に関わることだけでなく、福祉、医療、健康に関することも相談にのってくれます。保健師(看護士)・社...続きを読む

おひとりさま

おひとりさまとは同居する人がいない状態のことをいいます。おひとりさまになる理由は、生涯独身の人や、死別・離別などさまざまです。ひとり暮らしをする65歳以上のおひとりさまも増えています。2015年の国勢調査によると生涯未婚率(50歳までに結婚したことがない人の割合)は男性23%、女性14%にのぼり、今後さらにおひとりさまは増加すると予...続きを読む

免許返納制度

65歳以上(高齢者)による自動車運転での事故率が高く、増加傾向にある事故を一つでも多く防ぐために設けられたのが、免許返納制度です。免許返納制度は、運転免許証を自主返納することで交付される、「運転経歴証明書」をサポート協議会や加盟店、美術館などで提示することで様々な特典を受けることが出来ます。また、運転経歴証明書は、過去の運転経歴を証...続きを読む

学び直し

個々人の能力を最大限に活かし、その力を発揮できる環境にしていきたいという目的から政府発信ではじまった再チャレンジ支援は、「学び直し」という名称で広く知れわたっています。この「学び直し」は、幅広い世代を対象とした支援活動です。現職者や早期離職者、子育て等で就業を中断した女性、フリーターやニートなど年齢やそれぞれのニーズに合わせた教育プ...続きを読む

ファミリーサポート

ファミリーサポートとは、子育てを地域の住民同士で助け合う仕組みのことを指します。お手伝いを行う側は有償でサポートを行います。具体的な例は、保育施設への送り迎えや保育施設の時間外に子供を預かる、または保護者が買い物や用事がある際に子供を預かる、保護者が病気をしたときなどの緊急時や冠婚葬祭のときなどに子供を預かるなどです。育児をしていて...続きを読む

家事代行サービス

家事代行サービスとは、家族に代わって炊事や洗濯、料理、お買い物、片付けなどの家事全般を行う仕事のことをいいます。それぞれの企業により利用時の料金形態は異なりますが、不定期に1回~の利用や定期的に月に何度か来てもらうことも可能です。例えば、共働きの子育て世帯では夫婦で遅くまで仕事をしていて、子どもの送迎や細かい掃除まで行き届かないとい...続きを読む

シルバー人材センター

シルバー人材センターとは、原則60歳以上で健康な働く意欲のある人に対して、臨時的な仕事の提供を行っている組織のことをいいます。なぜこのような組織ができたかというと、高齢化社会が進むにつれ、体を適度に動かして健康な状態を保ちたいという方や、何日か短期的に働いて収入を得たいと考える60代以上の方が増えているからです。こういった多くの市民...続きを読む

セカンドライフ

定年後の人生を表現する言葉の1つ。「第二の人生」や「セカンドステージ」の類義語として使われています。戦後日本は生活の向上と医療の発展などにより、平均寿命が急激に伸び、男女ともに80歳を超えるようになりました。定年を迎える60もしくは65歳から平均寿命までの約15~20年という時間をいかに生きるか。定年後の第二の人生には関心がもたれる...続きを読む

シニア割

シニア割引とは、特定の年齢以上の人が受けられる割引特典サービスの一種です。 シニア割引は、企業によってサービス内容や年齢制限が異なります。 多くは60歳以上、もしくは65歳以上からを対象にシニア割引を設けていますが、50歳以上や55歳以上から受けられるサービスもあります。 高齢化にともない、旅行や航空業界をはじめ、鉄道業界や飲食...続きを読む

嘱託社員

嘱託社員とは、非正規雇用の社員です。契約社員も同じような雇用形態ですが、嘱託社員は長年勤めてきた会社を定年退職後に再雇用されるケースが一般的です。契約期間が決まっているため、ずっと同じ会社で働ける保証はない不安定な雇用ともいえます。定年前に比べると、役職を外れる、短時間勤務になる、仕事が限定的になるなどの理由から、収入は下がることが...続きを読む

退職金

退職金とは、所属している企業から退職を理由に支払われる手当のことを指します。退職金の相場は、勤続年数や会社の規模、退職理由などによって異なります。自己都合退職の場合は、定年退職や会社都合退職に比べて退職金が少なくなる傾向にあります。退職金には、一度に全額支払われる退職一時金制度と、企業が任意で加入している退職年金(企業年金)制度の2...続きを読む

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend