コミュニティカフェ

  • 読み:こみゅにてぃかふぇ
  • 別名:サロン、地域の茶の間、まちの縁側、コミュニティスペース

コミュニティカフェ の意味(コミュニティカフェ とは)

コミュニティカフェとは、人と人とを結ぶ地域社会の場や居場所の総称です。

長寿社会文化協会(WAC)が定義しました。2000年以降に急速に増え、その運営はNPO法人や任意団体、個人が主体となっています。空き家・空き店舗・自宅などを利用して開設され、毎日開催から週1のまでさまざまなカフェがあります。

飲食スペースが設けられている他は、イベントやワークショップを行ったり、展示スペースを設けたり、地域の住民の手作り品を販売したり、地産地消の食材を利用した飲食を提供したりと、内容もカフェによって異なります。

普通のカフェと違い、飲食を第一の目的とせず、地域住民が集い、交流し、情報交換することに重きを置いているのがコミュニティカフェの特徴です。

利用者は高齢者や子育て世代が多く、障がい者の就労支援においても一端を担っています。

コミュニティカフェ の実際

コミュニティカフェの抱える問題は少なくありません。

コミュニティカフェはその多くがボランティアによって運営されているため維持していくには課題が多くあります。

赤字の施設も多いのが現状で、自治体の助成金や補助金なしには存続できません。また認知度の低さから、決まった顔ぶれになりがちです。男性の利用者数は少なく、女性の利用者が圧倒的多数となっています。

少子高齢化時代を乗り切るには地域コミュニティの再生が必要であり、その中核としての役割が期待されるコミュニティカフェ。男性の参加率を高め、定年や現役を引退した後の活躍場所であり居場所として活用できるかといった点が大きな鍵となるでしょう。

関連する用語:

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。