家事代行サービス

  • 読み:かじだいこうサービス
  • 別名:家政婦サービス、生活支援サービス

家事代行サービスの意味(家事代行サービスとは)

家事代行サービスとは、家族に代わって炊事や洗濯、料理、お買い物、片付けなどの家事全般を行う仕事のことをいいます。

それぞれの企業により利用時の料金形態は異なりますが、不定期に1回~の利用や定期的に月に何度か来てもらうことも可能です。

例えば、共働きの子育て世帯では夫婦で遅くまで仕事をしていて、子どもの送迎や細かい掃除まで行き届かないという場合などに家事代行サービスを利用する方が多いです。

普段では出来ない場所の掃除をやってもらうことで、心に余裕ができたり、その時間にお出掛けなどをして気分転換にもなります。

また、後期高齢者(75歳以上)の世帯では買い物や水回りや庭の掃除となると、重労働に感じる方も多いです。家事代行サービスを利用すれば、重労働に感じていた家事や買い物も一緒にしてもらうことで体への負担も減るのでとても助かりますね。

家事代行サービスの実際

実際に家事代行サービスを利用したときの、1日の流れを紹介します。

各企業によって時間配分や料金等は異なりますのでご注意ください。

例えば、ご高齢者の一人暮らしの場合、まず始めの10分程で布団を干し、40分かけて床拭きやホコリ取りなどの掃除、30分かけてキッチン周りのお掃除、40分かけて浴室や洗面所のお掃除を行い計2時間の家事代行サービスとなります。

サービスの内容は利用する際にスタッフに伝えることで、お買い物をしてもらったり、ゴミ出し、アイロンがけなど多岐にわたるサービスを受けることが出来ます。

家事代行サービスを利用する場合は、各地域の家事代行サービス業者へ事前に連絡をし、何をしてほしいかを具体的に伝えましょう。また、派遣された方と少し合わないなと感じることがあればトラブルを防ぐためにも丁寧にサービス業者のサポートセンターに伝えることが大切です。

また、家事代行サービスのスタッフとして働く人は女性が多く、年齢も問わないところが多いので70代の方が活躍しているケースもみられます。

家族や自分のために行ってきた家事の能力で人を喜ばせて収入を得ることで、自身の自信ややりがいになっている方もいるようです。
週に1度2時間からの勤務も叶えてくれるサービスもあるようですので自分のペースで働きたいと思っている方には嬉しいポイントですね。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。