学び直し

  • 読み:まなびなおし
  • 別名:再チャレンジ支援

学び直しの意味(学び直しとは)

個々人の能力を最大限に活かし、その力を発揮できる環境にしていきたいという目的から政府発信ではじまった再チャレンジ支援は、「学び直し」という名称で広く知れわたっています。

この「学び直し」は、幅広い世代を対象とした支援活動です。

現職者や早期離職者、子育て等で就業を中断した女性、フリーターやニートなど年齢やそれぞれのニーズに合わせた教育プログラムを実施し、履修期間を経て、学びの結果としてキャリアップや再就職などに繋げていくというものです。

プログラム内容は多数ありますが、例えば、一度社会に出て就職はしたものの早期離職し、もう一度勉強がしたいと思っている方は大学や短大・高専・専修学校などで専門的な実践プログラムを実施し、学び直しをすることでそれまでにはなかった考えや新たな視点、技術・技能の修得し、その後学習成果を生かした再就職へのチャレンジができます。

学び直しの実際

「学び直し」のプログラムは、60歳以上の社会参加促進のためにも考えられています。

社会のために役に立ちたい、定年退職や現役引退、子育てを終えた後なども働きたいという願いを形にするためにプログラムが構成されています。

例えば、看護師として働いていた方は、健康や予防医療に関する知識や技術をお持ちです。

共通講座のプログラムを受講し、認証を得て登録することで、中高年の健康相談員として活動することが出来たり、図書館などでレファレンスサービスの補助をすることが出来ます。

看護師だけではなく、工業技術者や海外勤務経験がある方も講座を受けることで様々な活動に参加することができ、経験を活かせると共に現役で活躍する機会が拡大し、より活気溢れる社会へと繋がることでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。