早期退職

  • 読み:そうきたいしょく
  • 別名:早期優遇退職,早期希望退職

早期退職の意味(早期退職とは)

早期退職とは、定年(60歳ないし65歳)を迎える前に勤めていた組織を退職することです。

早期退職優遇制度を指す場合もあります。退職金などが優遇される早期退職優遇制度は2種類あります。

1つめは、会社の業績にかかわらず人事制度として随時募集しているものです。選択定年制とも呼ばれます。

もう1つは、会社が業績の悪化による人員整理などを理由に臨時で募集するものです。早期希望退職制度または希望退職制度とも呼ばれます。

自ら希望して退職する点が、会社から強制されて退職するリストラとは異なります。

多くの場合、定年を待って退職するよりも多くの退職金がもらえることが多いです。また、再就職の斡旋をしてもらえるなどのメリットもあります。

早期退職の実際

早期退職には、理由によって会社都合退職と自己都合退職に分けられます。

経営不振など会社側に退職の原因があるのが、会社都合退職です。早期希望退職の場合はこちらになるケースが多いです。

失業給付金が自己都合より早く支給され、給付日数も長くなるというメリットがあります。一方で、再就職をする際には不利になることもあります。

労働者側が自分の意思や都合で退職するのが、自己都合退職です。失業給付金を受け取るまでに約3ヶ月かかるので、有休消化のタイミングを考えて、早めに申告しておくとスムーズでしょう。

退職金が大幅に増えることが多い早期退職ですが、再就職しなければ年金が受給できる年齢になるまで貯金を切り崩して生活していくことになります。

また、定年まで働き続けた場合に比べて受け取る年金額も減ってしまいます。貯蓄が十分かどうか試算したり、退職後に新天地で働くなど、セカンドライフをどのように過ごすかを家族とも話し合ったうえで決めることが大切ですね。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。