ダライ・ラマ

  • 読み:だらい・らま
  • 別名:達頼喇嘛

ダライ・ラマの意味(ダライ・ラマとは)

ダライ・ラマとは、チベット仏教ゲルグ派の法王の尊称です。

チベットの教化主である、観音菩薩の化身の生まれ変わりで、人々を導くために輪廻を繰り返すとも信じられています。

ダライ・ラマには、モンゴル語で「智慧の海」という意味があります。チベットの人々にとって、一生に一度は、ダライ・ラマの居城へ巡礼するのが、目標のようになっているといいます。

ダライ・ラマは、チベット仏教の法王の存在ではあるものの、チベット仏教には歴史的に複数の法王の存在があります。カルマ派のカルマパ、北ドゥク派のギャルワン・ドゥクパなども法王とされています。

現在のダライ・ラマは、ダライ・ラマ14世で、世界各地で積極的に発言を行っています。

ダライ・ラマの実際

ダライ・ラマは世襲制ではなく、ダライ・ラマの没後に、その魂がだれかの身体に入って、後継者が決定されるといわれています。

後継者は少年で、その特徴が発表されると、僧侶がその特徴にあった人物を探しだし、ダライ・ラマを継ぐ者になります。

中国政府はこの後継者を認めず、中国政府の承認がなければ、ダライ・ラマを決定することができないという法律を取り決めています。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。