エンディングパーク

四華花

  • 読み:しかばな
  • 別名:死花、紙花

四華花の意味(四華花とは)

四華花とは、白い紙に横に細かく切目を入れ、細い棒や竹串にらせん状に巻きつけて作る葬儀の際の飾り物です。

色の白い枝を細長く半ばまで削って、花のようにちぢらせて作る削りかけと呼ばれる方法もあります。

釈迦が亡くなった時は、沙羅双樹の真っ白な花が遺体を覆ったと伝えられていて、それにちなんだ葬具だといわれています。

伝統的には、葬列に加わる親族が、手に持ったとされています。

葬儀社が準備してくれる葬具のひとつで白木祭壇に飾ります。白以外では、金色や銀色のものもあります。

四華花の実際

四華花は、近所で手作りして、葬列に加わるときには、大根の輪切りに突き立てて持ったという地方もあるといいます。

の四隅に4本立てたことから、四華と呼ばれるという説もあります。

神道の幣束が紙製であるのと同様、故人の依り代にもなると考えられていました。

埋葬地の四方に四華花を立てることは、地取りと言います。

関連する用語:白木祭壇, 祭壇, 枕飾り, 六灯籠, 須弥壇
タグ:祭壇 , 葬儀・葬式 , 釈迦 , 白木祭壇 , 葬儀社 , 葬儀屋

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集