「棺」に関連する用語一覧

別れ花

別れ花とは、出棺の前に、供花として飾っていた花を、一輪ずつ棺に入れて、故人に供えることを言います。一般的には親族や親近者など近しい人で行いますが、一般の参列者も遺族の意向で、別れ花に参加することがあります。また、供花はそのままにして、別途故人の好みの花を、別れ花として準備することもあります。葬儀が終わると、葬儀社は祭壇から前に棺を移...続きを読む

桶屋

桶屋とは、一般に桶大工のように桶を製造販売していた職業のことで、早桶のように、早急に棺桶を作製し、葬儀の手筈を整えた、江戸、明治の葬儀社を指す言葉として使われた言葉です。貯蔵などの目的で頑丈に作られた桶屋業界から、葬儀を主な目的とした桶屋への参入も多く、桶を乗せる輿、運ぶための車を貸す事業など、葬儀に関するビジネスは発達していきました。続きを読む

出棺の挨拶

出棺の挨拶とは、葬儀、告別式が終わる時に、喪主や親族の代表が、参列者に御礼の言葉を述べることをいいます。参列者に向かって喪主や親族側から挨拶する機会ですから、感謝の気持ちが伝わるものにしたいと思う反面、突然の不幸で精神的にも体力的にも疲れが大きな時ですから、必ずしも上手な挨拶とならずとも、故人を偲び、弔問くださった方に謝意を心より伝...続きを読む

山型棺

山型棺とは、棺の種類で、蓋の部分が山型に盛り上がっている棺をいいます。山型棺に対して、蓋が平らになっているものを「平棺(ひらかん)」と呼びます。その他、アール棺、ドーム型、かまぼこ型などの形状があります。続きを読む

お別れ花

お別れ花は、葬儀を終えて出棺の際に、参列者が一輪ずつ花を棺に入れる儀式です。故人との最後のお別れの儀式でもあります。お別れ花は葬儀社のスタッフが、白百合や菊などの花をお盆に乗せて参列者の間をまわります。参列者は一輪ずつ花を手に取って、故人の周りに飾っていきます。この際、花は故人の好きだったものを選び、花と一緒に、生前に愛用していたも...続きを読む

輿(葬儀)

輿とは、葬列の際に棺を納めて担ぐためのものです。古くは平安時代に、天皇、皇后、斎宮が葬送を行い、その際に使用されていたものです。庶民の葬儀に霊柩車が使われるようになったのは大正時代で、明治までは葬列を組んで、人力で棺を葬送していました。明治に入る前までは、葬送は夜間にひっそりと行われるもので、移動手段は座棺が中心でした。現在の葬儀の...続きを読む

平棺

平棺とは、シンプルで表面に装飾のない四角い形の棺です。木製の無垢材でできています。蓋部分が平らになっていることから、平棺と呼ばれています。これに布をはったものは布張棺になり、表面の無垢材に彫刻を施すものもあります。全面彫刻、5面彫刻など、彫刻面の多さで価格が変わってきます。使用する木材の種類によって、ヒノキ、モミ、キリなどさまざまな...続きを読む

寝棺

寝棺とは、故人をあおむけに寝かした状態で納める棺のことで、座棺に対して言われる言葉です。江戸時代には、桶型の座棺が一般的に使用されていて、一部の身分の高い人だけが寝棺に収められていました。現代の日本においては火葬が一般的なため、天然木棺や、合板棺、それに布をはった布張り棺などを使用しています。形は箱型、山型、かまぼこ型などがあり、外...続きを読む

彫刻棺

彫刻棺とは、木製の棺の、側面や蓋に彫りの装飾が施された棺のことです。一般的な棺よりも高級な棺とされることが多く、数十万円するものもあります。棺の両側面に彫刻のあるものを「二面彫刻棺」、加えて蓋の部分にも彫刻があるものを「三面彫刻棺」、底以外のすべての面に彫刻が施された棺を「五面彫刻棺」と呼びます。一般的に、彫刻面が多いほど高価になる...続きを読む

座棺

座棺とは、座った姿勢で遺体を納める棺のことです。現在用いられている棺は「寝棺(ねかん)」と呼ばれ、座棺とは異なるものです。鎌倉時代には、樽の形の座棺があったといいます。この樽型の座棺から「棺桶」という言葉ができたといいます。座棺は、火葬文化が主流になる前に、男二人で棒で担いで運びやすい形態だったことや、土葬に適していたために使われて...続きを読む

葬送

葬送とは、遺体を葬るため、墓所まで送ることをいいます。火葬場や墓地に送り出す葬送の習慣には、地方色が色濃く反映されています。江戸時代には、担ぎ棒を付けた座棺を肩に担いで運ぶのが葬送で、神輿のように飾りのついたものを使用していました(野辺の送り)。現代の霊柩車の飾りも、その流れをくんだものです。葬送では後継者が位牌を、家族や親せきはそ...続きを読む

木棺

木棺とは、一般的に現代日本で使用されているご遺体を安置する木製の棺のことです。江戸時代の頃には木製の樽型の棺が使われていましたが、この樽型の棺は一般的には木棺と呼ばず、現代で使用されている「ご遺体を横たえて収めるタイプの木製棺」を木棺と呼んでいます。現代日本では火葬するために燃える素材である必要が有るため殆ど見られることはありません...続きを読む

納棺師

納棺師とは、亡くなった方の体を清めて死装束に着替えさせ、死出の旅路として納棺の準備を手伝う人のことを指します。本木雅弘さん主演の映画「おくりびと」をきっかけとして、世間に広く知られるようになりました。亡くなった方の身体を清めて詰め物などを行い、お顔を整えて死装束に着替えさせ、棺に収めます。具体的には、消毒液を浸したタオルで体を拭き清...続きを読む

プリント棺

プリント棺とは、棺が合板でできていて、表面には木目などをプリントしたシート状のものを貼り付けてあるものをいいます。家具などにも、木目調のプリントが施してあるものが多くありますが、同じ形式とお考えください。プリント棺は、一般的に木目調のもので、色にバリエーションを持たせて、さまざまな木目をプリントしてあります。桐や檜は薄めの色合い、杉...続きを読む

布張棺

布張棺とは、木製でできた棺の表面を、布帛(ふはく:麻・木綿・絹などの布)で覆ったものをいいます。布帛は、織り、色、柄などでさまざまにバリエーションがあるため、故人にあったものを選べることなどから近年、選ばれる方が増えています。布が持つ柔らかい雰囲気が女性にも好まれ、また、近年増えている花祭壇に合うなどの理由もあります。布張棺の中でも...続きを読む

アール棺

アール棺とは、棺の種類の一つで、蓋にあたる上部が曲線を帯びている形状のものをいいます。棺には、その素材や仕様によってさまざまな種類があります。アール棺は蓋の部分の形状による呼び名です。ふたが平らな平棺に比べて、柔らかい印象があります。アール棺のなかにも、アールインロー棺(蓋が印籠のように二段にはめ込む形状のもので蓋が曲線の棺)、桐ア...続きを読む

インロー棺

インロー棺は、ふたの端の部分が二段になっていて、棺本体にかぶさるように作られている棺のことをいいます。ふたが平らな棺を平棺といいますが、ふたに装飾を施すことで、アール棺や、山型棺などがあり、インロー棺もふたに装飾を加わえることで、重厚感を出した形式のものをいいます。印籠の名の通り、印籠のふたが重なり合っているところから、名前がついた...続きを読む

くぎ打ち

くぎ打ちとは、出棺の際に、遺族で棺のふたにくぎを打ちつけることをいいます。もともとは、墓地まで葬列を組んで棺を運んだ際に、ふたがずれたり、落としたりしないように、縄を巻いたのが始まりといいます。伝統的には庭石などを用いて釘を打っていましたが、葬儀会社が用意してくれた金づちを用いるのが、現在では一般的になっています。石を用いてくぎを打...続きを読む

出棺

告別式が終わると、棺を式場中央に配置するなどして、最期の対面になります。祭壇に飾っていた花を切り、棺の中に入れたり、故人の愛用品や枕団子、枕飯を収めたりします。火葬場では規定によりお顔を見てのお別れができない場合も多いですので、親族や会葬者にとっては、故人との最期の対面の時間になります。くぎ打ちは、故人と関係の深かった遺族から順に打...続きを読む

納棺

納棺とは、ご遺体を棺に納める儀式のことをいいます。遺体の髭剃りや化粧をするなど整えて身支度をし、死への旅立ちの準備をした後に棺に納めます。近年、映画「おくりびと(2008年公開)」で納棺師や納棺の儀式が取り上げられたことから知る人は多くなっています。続きを読む

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking