エンディングパーク

参道

  • 読み:さんどう
  • 別名:門前の道

参道の意味(参道とは)

参道とは、神社寺院に参詣するための道をさします。また広い範囲で、門前町とその周辺を指す言葉でもあります。

山門や鳥居をくぐって本殿へ続く道は、人通りの多いメインの道を表参道と呼んで、脇道には地名や方角をつけた参道や、裏参道と呼ばれるものがあり、今でも地名にこの名前が残っている場所があります。

規模の大きな神社や寺院では、街道筋などの大きな通りから、寺や神社まで続く道は全て参道となるケースもあります。

また、四国や西日本などに見られる海の中に鳥居が建っている場所では、参道が海を通っているケースもあり、船で参道を通って参拝するのが、かつては正式な参拝のルールだったという場所もあります。

参道の実際

鳥居や山門から続く参道は山道や、石畳、玉砂利が敷き詰められていたりとさまざまです。

神社の参道で参拝する際のルールは、鳥居まで来たらくぐる前に一礼し、参道の真ん中を避けて左端を歩くとされています。

参道の真ん中を正中と呼び、神様が通る道とされているためです。

またこの正中を最初から意識してか、参道がカギの手に曲がっていたり、斜めについていたりするところもあります。

正中は神職の人が通る場所でもありますから、神主さんとすれ違うときには、さりげなく横へ道を譲るマナーがあるのが望ましいでしょう。

関連する用語:鎮守の森, 門前町, 正中, 表参道, 狛犬, 神社本庁, 鳥居 , 手水, 結界, 境内, 注連縄
タグ:神社 , お寺 , マナー , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集