エンディングパーク

副葬品

  • 読み:ふくそうひん
  • 別名:埋葬品

副葬品の意味(副葬品とは)

副葬品は、故人への弔いの意味から、愛用品や、死後に必要とされたものを一緒に埋葬した品物のことです。

世界各国で古くから見られる風習です。

火葬が主な現代においては、故人の遺体とともにに入れられ、一緒に荼毘に付されるものもあれば、火葬後の墓に、遺骨と共に埋葬される形式などさまざまです。

故人に着せかける死装束や、装身具のたぐいも副葬品の一つですし、愛用のメガネや、万年筆を一緒に持って行ってもらいたいというのも、副葬品ということになります。

副葬品の実際

副葬品は、遺骨を損傷させたり、火葬炉自体の設備に支障をきたすおそれなどから、自治体によって、中に入れるものを制限されていることがあります。

缶飲料、ライター、電池などは、爆発の恐れがあり、ガラス製品は溶けて付着するため問題になります。携帯電話、CD、釣竿や杖、保冷剤なども同様の理由から、に入れることを禁止しているところが多いものです。

また、ダイオキシン、ばい煙、有毒ガスや悪臭など、公害の原因になると考えられるものも、入れないように指導されます。

具体的にはビニール製のおもちゃやハンドバッグ、発泡スチロール製の枕、ゴルフボール、合成繊維の衣類や寝具なども禁止です。

お供えのスイカやメロンは焼け残ること、本などの紙は大量の灰が出ること、大きなぬいぐるみや大量の衣料なども、不完全燃焼になるので制限されています。

関連する用語:, 納棺, 六文銭, 火葬, 火葬場, 収骨, 斎場, 土葬, シャニダール
タグ:埋葬 , 葬儀・葬式

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集