エンディングパーク

役僧

  • 読み:やくそう
  • 別名:伴僧,用僧

役僧の意味(役僧とは)

役僧とは、葬儀や法事などで導師について従う僧のことです。

伴僧とも言われます。葬儀を取り仕切るのは導師ですが、規模の大きな葬儀になると、導師の次に格がある脇導師が来て、その下に役僧がいます。

導師は菩提寺の住職など、住職資格を保有している僧侶でなければなりません。菩提寺より寺格が上の寺院から、葬儀や法事のために来てもらうこともできるでしょう。

脇導師は導師が住職の資格のある僧侶に頼んで、手伝いをしてもらう立場の人です。役僧は、住職資格を特に問いません。

役僧の実際

複数の僧侶葬儀などでお願いした場合には、それぞれにお布施を包むようにします。

お布施の金額などでわからないことがあったら、葬儀社の担当者や地元の人やお寺の事務局に相談しましょう。お布施の習慣、包む金額の金額などは地域や、状況によって変わってくることもあります。

役僧は、葬儀に出る以外には、寺の事務仕事を行ったり、境内の清掃や檀家を周ってお経を読むなどの仕事をしています。

関連する用語:葬儀, 仏教, 導師, 葬儀社, 布施, 檀家, 僧侶
タグ:葬儀社 , 葬儀屋 , お布施 , 葬儀・葬式 , 仏教 , お寺 , 供養と弔い , 読経 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集