会葬礼状

用語を保存しました

会葬礼状の意味(会葬礼状とは)

会葬礼状とは、葬儀告別式に参列してくれた方へ出すお礼状です。

地域性や、葬儀の規模にもよりますが、現在では葬儀の受付で清めの塩や、ハンカチなどの会葬御礼品と一緒に、会葬礼状をセットにして手渡すことが一般的になっています。

社葬や比較的大きな葬儀では、葬儀後にあらためて会葬礼状を送付する場合もあります。

会葬礼状の実際

会葬礼状は、会葬予定の人数より多めに手配します。文面は、喪主から見た個人との続柄で作成し、宛名は書きません。

文面は、あらかじめ決まった定型文を選ぶこともできますが、自分たちのオリジナルの文面や体裁の会葬礼状をつくるケースもみられるようになっています。

写真やメッセージなどを組み込んで、故人がしのばれる内容にする方法です。

葬儀に参列していない方で、香典、忌電、供物や御花をいただいた方には、会葬礼状とは別に、手書きでお礼の手紙を出すと丁寧です。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend