受付(葬儀の)

  • 読み:うけつけ
  • 別名:受付係

受付(葬儀の)の意味(受付(葬儀の)とは)

葬儀の受付とは、会葬者に記帳をしてもらったり、香典を受け取ったりする役割を担います。

香典を受け取るなど金銭を扱う役割を担う場合は、近い親族が対応することが間違いがないでしょう。

葬儀の行われる会場によって、受付の注意点も変わってきます。

葬儀場での受付の場合、葬儀場のスタッフがいるので、会場の案内などで困ることは少ないでしょう。

自宅での葬儀の際は、葬儀社葬儀委員長との打ち合わせがあると、スムーズに進むでしょう。

受付(葬儀の)の実際

葬儀の受付を頼まれたら、喪服を着用するようにします。

会葬者には弔問のお礼を言って、名簿に記帳してもらいます。香典や供物はお預かりしますと言って、両手で受けます。弔電の受け取りも行います。

受付は弔問客が参列した際に、最初に接するところです。開始時間、会場の場所などさまざまな質問が予想されますのでできる限り答えられるように準備しておきたいところです。

関連する用語:香典 芳名帳 返礼品 会葬者 会葬礼状

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。