エンディングパーク

お香典の相場は?

香典

香典袋の表書き以上に、「いくら包めばいいのか?」と金額について悩まれる方も多いかと思います。

日本の葬儀はほとんどが仏教で行われていて、仏様にお香の香りがたくさん届けば故人の徳となり、罪が軽くなる。

といった考え方から、お香を供えるために香典ははじまりました。

後に、葬儀にかかる資金の相互扶助として位置づけられ、食べ物など品物をおくった時代もありましたが、現在は金銭の香典が主流です。

お香典の金額は故人との関係や、弔問に訪れる人の年齢、思い入れなどによって変わってくるものです。

決められた金額は本来なく、相場も必要ないのですが、金額に悩んで参列を躊躇される方の役にたつことを願ってあくまでも目安として下記に示します。

お香典の金額の相場

近隣の人     3,000円、5,000円
一般の会葬者   5,000円、10,000円
関係者     10,000円、20,000円、30,000円
親族     10,000円、20,000円、30,000円
ご家族     50,000円〜100,000円

地方によっては、町内会で500円や1000円と取り決めをしている地域などもあります。仏事に偶数は使わないとされましたが、近年では20,000円も用いられます。

【メモ1】四十九日・一周忌・納骨式などの法事のお香典相場は?

一般的に法事の場合のお香典は5,000円・10,000円が多いです。食事が振舞われることも多いですので、その点を考慮してお決めになることがよろしいでしょう。

【メモ2】香典を渡す範囲は?

関係性によっては、出したほうがいいのか?と迷うところもあるでしょう。香典を渡す範囲に決まりはありません。

日頃のお付き合いの程度や今後の関係、地域性などもあるかと思います。

面識がない、例えばお世話になっている上司の妹さんの旦那さんの場合、香典返しの際に「一体誰だろう?」とかえってご遺族を困らせてしまうことになる可能性も考えられます。後日上司にお悔やみの言葉をお伝えするだけで十分かもしれませんね。

ただ、お仕事上、今後の関係を考えると出した方がいいこともあるかと思いますので、都度ご自身の中で判断されると良いでしょう。


お香典に関する辞典

お香典(香典)
香典返し
香典(お香典)の金額
表書き(お香典編)


この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集