香典返しとは?いつ頃に何をいくらで送るの?

記事を保存しました
香典

香典返しとは、葬儀(葬式)の際に参列者からお香典をいただいた場合にそのお返しとして渡す品物を指します。

初七日法要が葬儀当日に組み込まれる「繰り上げ所7日」が増えている昨今では、葬儀後に最初の区切りとなる四十九日法要後に「おかげさまで無事に49日も終えることができました」という挨拶と感謝の意味を込めて、郵送または手渡しで贈ることが一般的です。

もちろん、49日明け(忌明け)に直接あいさつに伺う方法が最も丁寧ではありますが、「忌明けの挨拶状」を品物に添えて郵送することで感謝の気持ちを表す方法を選ぶ人が増えています。

お香典返しのタイミングはいつ?

お香典返しを贈るタイミングは葬儀を行った宗教によって異なります。

仏式(仏教式):四十九日

神式:五十日祭

キリスト教:1ヶ月後の記念日や追悼式

を目安に送ります。

お香典返しの準備にはどのくらい時間がかかる?

お香典返しの準備手順

  • お香典返しの品物を取り扱う返礼品屋、百貨店などで品物のカタログをもらう
  • お香典をいただいた人のリストであるお香典帳を整理
  • お香典帳を確認しつつ、誰に何を送るかを決める
  • お香典返しを送る住所と宛名の確認
  • お香典返しの申し込み

送る数にもよりますが、49日の2週間前までには申し込むと安心です。

お香典返しの予算はいくら?

お香典返しは「半返し」と言われるように、受け取った香典額の半額程の品物を目安として選びます。

お香典は関係性や年齢によって幅があります。

・友人や職場関係であれば 3,000円~5,000円程度
親族であれば      30,000円~100,000円程度

を受け取ることが多いので1人につきその半分程度と考えます。

お香典の中でも特に高額を包んでくれた方と一般的な金額を包んでくれた方で品物を分ける場合もあります。

また、喪家にとって家計を支えていた人が亡くなった場合には、お香典額の3分の1ほどでも失礼にはあたらないといわれています。

お香典返しに選ぶ品物は?

お香典返しの品物は消耗品であるお茶やタオル、のりにお菓子といったものを贈るのが一般的です。

消耗品が一般的である理由としては「また不幸が起こらないように」「不幸が残らないように」といった意味を込めて選ぶためです。

このため、送り先の好みを考慮する必要はなく、使いやすいものであれば問題ありません。

ただ、最近では、結婚式などにも見られる流れですが「贈り先に必要なものを選んでほしい」という考えから、カタログギフトなどの利用も増えてきました。

日用品の中でもよく見られるものを解説します。

お茶

お茶を飲みながら亡くなった人を偲んでもらえたら・・・。という意味があると言われています。

タオル

仏教においては「仏の世界へは白装束姿で旅立つ」という考えがあり、昔はさらしなどの白布が贈られていました。

その名残で現代ではタオルが一般的になったと言われています。

昨今では、家族葬(密葬)や直葬と呼ばれる小規模の葬儀が一般的になり、お香典の返礼品を面倒に感じる人もいるので「香典辞退」でお葬儀を執り行う葬儀もみられます。

ただ、前述したようにお香典返しは、半返しまたはそれ以下でお返しは良いとされている「困ったときはおたがいさま」の意味をこめた互助精神から成る風習ですのでお香典を受け取ることで葬儀関連費用の1部にすることも可能です。

呼ぶ人数や関係性にもよりますが、葬儀を行う際には家族や葬儀社にも相談して「香典受け取り」にするか「香典辞退」を選ぶかは決めることをおすすめします。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

冠婚葬祭のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend