エンディングパーク

お香典の中袋の書き方は?

香典

お香典の中袋(中包、内袋)の書き方のマナーをご紹介します。薄墨(筆ペン)で書くことが好ましいですが、用意が難しい場合はサインペンでも問題ありません。外袋の表書きに関しては、「お香典の表書きは?」をご参照ください。

金額は中袋の表、中心に

お香典の中袋に金額を書く時のポイントは、旧字体の漢数字を使い金額の頭には「金」をつけ表面の中心に縦書で記載しましょう。

例:5千円・・・金伍阡円
  1万円・・・金壱萬円
  3万円・・・金参萬円


「也」を金額の下につけるかどうかですが、「也」には端数はないですよ、という意味合いがあるものです。書かないと失礼にあたるということではありませんので、どちらでも大丈夫です。

旧字体 漢数字 書き方一覧




中袋の裏面の左下に住所・氏名

葬儀後、大変な中ではありますが、 お香典を受け取った遺族は香典のお返しの準備をします。そのため、名前と住所があると調べる手間を軽減することができますので必要な情報をきちんと書いておくと良いでしょう。

住所・名前を書く時のポイントは、郵便番号を省略せず裏面の左下に縦書で記載しましょう。

お香典を連名で出す場合は?
それぞれの名前と住所、包む金額を縦書で記載しましょう。もし、一人あたりの香典の額が少額(目安:3,000円以下)になる場合は、遺族の費用負担を考え、香典のお返しは遠慮される方がよろしいでしょう。その場合、代表者のみの名前と住所、お香典返し辞退の旨記載しましょう。


お香典に関する辞典

お香典(香典)
香典返し
香典(お香典)の金額
表書き(お香典編)


この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集