国教

用語を保存しました

国教の意味(国教とは)

国教とは、国が特定の宗教を公認、統制、保護する宗教のことです。

国教のある国では、その宗教の教義が、その国を統治する際の根本原理になっています。国家行事でもその儀礼にのっとって行われます。

キリスト教を国教としているのは、アルゼンチン、コスタリカのローマ・カトリック、ギリシャ、フィンランド、キプロスの正教会、イングランドの聖公会などがあります。

イスラム教は、アラブ国家、イランのシーア派、サウジアラビアのワッハーブ派、アルジェリアのスンニ派などがあります。

仏教では、ブータンの大乗仏教上座部仏教のカンボジアなどがあります。

国教の実際

近代国家の多くは、政教分離が進み、信仰の自由を認めています。

信仰の自由を認めながら、国教を定めている国もあり、イギリスをはじめヨーロッパの国では、国教と国民の信仰の自由が両立しているところもあります。

インドのヒンドゥー教、イスラエルのユダヤ教は国教ではなく、民族宗教として多くの人が信仰しています。

日本においても国教は定められていません。

葬儀は9割近くの世帯が仏式で行っているといわれていますが、他国のように日々の生活仏教徒しての教えに沿って生活をしている人は少なくなりつつあります。

<関連する用語>:宗教 仏教 神道 無宗教

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend