相国寺

用語を保存しました

相国寺とは

相国寺とは、京都市上京区にある臨済宗相国寺派の大本山です。

本尊釈迦如来、足利義満が開基しています。足利将軍家や、伏見宮家、桂宮家にゆかりの深い禅寺です。

京都五山の中では、第二位にあたる寺院です。

相国寺は五山文学の中心地として知られ、画僧の周文、雪舟は相国寺の僧です。

京都と言えば観光名所は金閣寺、銀閣寺を思い浮かべますが、双方とも相国寺の山外塔頭にあたります。塔頭は、禅寺で高僧が亡くなったあと、弟子が師の徳を思って、塔のほとりや敷地の中に建てる少院のことです。

相国寺の歴史と今

相国寺は、1394年、伽羅が完成して2年後に失火で焼失し、その後再建するも七重大塔が落雷でまた消失します。

また、応仁の乱の際には、細川方の陣地となったため、相国寺の戦いで焼失しています。

4度の焼失の後、1584年に復興を進め、豊臣秀頼が寄進した法堂には、天井に狩野光信筆の蟠龍図が描かれ、特定の場所で手を打つと反響することから「鳴き龍」という名で知られています。

国宝の「無学祖元墨蹟」をはじめ、重要文化財が多いことでも知られている寺院です。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend