隠元

  • 読み:いんげん
  • 別名:隆琦、大光普照国師

隠元とは

隠元とは、江戸時代前期の僧侶です。黄檗宗開祖で、明から来日しました。

明朝禅を伝え、日本の禅宗に大きな影響を与えました。黄檗宗は、明風の伽羅様式や読経のスタイル、法要様式などが特徴的です。

中国福建省の出身の禅宗の僧侶で、1654年、63歳の時に来日し、インゲン豆、西瓜、蓮根、孟宗竹、木魚などを日本に紹介した人としても知られています。

煎茶道の開祖とも言われ、現在でも、全日本煎茶道連盟の事務局は、黄檗山萬福寺内にあります。

隠元の遺したもの

明朝体という文字は、隠元や鉄眼を介して日本に伝わったといわれています。医学、書、茶などに優れ、文人趣味をもたらしたのも隠元です。普茶料理と呼ばれる中国の精進料理も、隠元が伝えました。

隠元のもたらした茶は、釜炒り茶です。煎じ茶のことを隠元茶とよんだりします。隠元の弟子、高遊外は、九州嬉野にこのお茶の製法を伝えたため、今でも九州には、煎じ茶の製法が残っています。

関連する用語:黄檗宗 臨済宗 禅宗

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。