袈裟

  • 読み:けさ
  • 別名:無垢衣、糞掃衣、法衣

袈裟の意味(袈裟とは)

袈裟とは、僧侶が身につける衣装のことで、インドの僧侶が身にまとっていた布からきた言葉です。

本来、僧侶は出家し、財産になるような私有物を持つことができなかったため、端切れ布を拾い集めて身を覆うための布を作り、それを用いたことから、袈裟が始まりました。

袈裟には、作業着の安陀会、普段着の鬱多羅僧、儀式や訪問着とされる僧伽梨の3種類があり、これに托鉢へ出かけるときの持鉢をあわせて三衣一鉢とよびます。

袈裟の実際

仏教が中国に伝わる頃には、下衣が着られるようになり、装飾的な衣装として完成していきました。

インドでは法衣そのものを袈裟と呼びますが、日本では衣の上にかける長方形の布の部分をさします。

日本に伝わった袈裟は、僧侶の階級や特権を表す衣装として発達しました。
色で階級が区別され、江戸時代には紫衣、紫袈裟は、天皇の勅許と言われる許可が必要な高僧のシンボルとなりました。このころの一般の僧侶は黒い袈裟を着ていました。

右肩を出し、左肩を隠すようにしてかけるのは、左が不浄とされているためといいます。

小さい布を縫い合わせ、縦につないだものは条と呼ばれ、これを横に縫い合わせて行って作ります。条の数が多い方が尊重されるといいます。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。