エンディングパーク

家を解体する費用(料金)って?

見積りは現地確認が必須

家を解体する時にかかる費用の相場は、解体する物件の状態や、その物件のある場所によってまったく異なります。

このため、現地確認をしてもらい、何にいくらかかるかが明記された詳細な見積書を確認することで後で追加費用などが発生しないようにしたいものです。

解体は人件費や廃材の処分にかかる費用の違い、物件へのアクセスが悪い場合には、重機が敷地内に入るかどうかによっても、かかる費用に違いが出てきます。

木造の解体費用は、建坪あたり5万円程度していることもありますが、重機が入らない立地では、人の手で解体作業を進めますから、費用は割増の予算を見る必要があります。

解体後に出る廃材の処理にかかる費用も、トラックが停まらないような場所では、さらにコストがかさみますし、エアコンや大型家具などを廃棄するのは有料扱いになります。

このほかにも、コンクリートの土間があるとか、ブロック塀や大きな植木を撤去するなどのように、敷地内に他にも更地にするために手を入れる必要があれば、別途費用がかかることもあります。

また、逆に言えば見積りを取る際に現地確認なく電話だけで「〇〇坪だから○○万円」と言われてもその金額を鵜呑みにしないほうがよいでしょう。

解体をすすめるうちに、地中から障害物がでてくることもあります。その処置のために後で、追加料金を請求されることもありますので、そのような可能性も事前に説明をしてくれる業者に依頼するのも大切です。

家の解体ってどんなところに依頼すればいいの? にもあるように、ハウスメーカーや工務店と解体専門の会社では金額に差がでてきます。それぞれに見積書を取り、比較しましょう。

特集
「建物解体」でみんなが気になること
建物解体の工事の流れや費用、葬儀後にまつわる相談事例を紹介しています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集