遺品整理について

記事を保存しました

故人がお住まいだった家を解体する場合、故人がお使いになっていた家財品や嗜好品などの処分は、どうしたらいいだろう?とお困りになる方が多くいらっしゃいます。

建物を解体する前に家の中を片づけなくてはいけない?

解体前の遺品整理に関する相談で、解体サポートにお問い合わせいただく方の多くは、以下のようなお悩みをお持ちです。

「建物の解体はお任せしたいのですが、おうちの中にそのまま残っている家財や遺品はどうすればいいの?片づけてからじゃないと解体してもらえない?」

故人が大切にしていた物や思い出の品物、貴重品などは遺品としてお手元に遺されたらよろしいかと思います。

遺品
室内に残された遺品の例

不要品に関しては、お片付け・処分となると、多くの時間と労力を費やしてしまいます。また、解体を予定している建物がお住まいの場所から遠方にある場合だと、行き来もあり大変です。

そんな場合は、片付ける必要はありません。

室内の不要品
室内に残された不要品の例

不要品の処分は、解体業者さんにも任せることができる

きちんと許可をお持ちの解体業者さんであれば、不要品の処分をお任せすることも出来ます。

建物を解体する前におうちの中の不要品をしっかりと分別しながら片づけて、運搬、処分までしていただけます。

室外の不要品
家の外の不要品も確認しましょう

しかし、全体の費用を少しでも抑えたいという場合には、地域の粗大ごみなどで処分できるものはご自身で処分していただいた方が、ご負担する費用は安く済む場合があります。

ご家族にとってご負担の少ない方法をお選びになられるとよろしいかと思います。

この記事を書いた専門家

池貝充隆
解体サポート 池貝充隆

建物解体の相談累計37,000件超、満足度97%の実績をもつ解体サポート。全国の安心・適正価格の解体業者をご紹介。テレビや新聞メディアでも話題のサービスです。0120-987-455(年中無休・9時~19時)

解体サポート公式HPへ

空き家の解体業者資料請求

タグ一覧

関連する記事Relational

あなたにおすすめ記事Recommend

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking