エンディングパーク

店舗を解体するときに気をつけることは?

たとえば自営業をしている方が他界されて、そのまま店を閉めることになったとしたら物件を不動産に返さなければならないかもしれません。

借りていた店舗を返却する必要がある場合に気をつけることとは何でしょうか。

店舗を返却するときに気をつけること

店舗や事務所を返却する時、原状回復やスケルトンの状態に内装解体する決まりになっている場合があります。

借りた時は居抜き物件だったけれど、一部分を解体して内装を変えた場合などは、解体業者に依頼したほうがいいでしょう。

その際に、厨房機器やエアコン、什器のような大型の不用品の処分なども、解体業者に依頼することもできるので一度に片付いて楽でしょう。 ただ、費用が別にかかる可能性が高いです。

トラブルになりやすいこと

店舗の内装解体では、ビルのオーナーや不動産業者との間でトラブルになるケースが少なくありません。

当初の契約内容に、内装解体の業者を、オーナー側が指定するようになっている場合などもあります。業者とオーナーの間で、オーナー側の手数料が解体コストに上乗せしてあることもあります。

契約上、業者が指定されている場合は、話し合いで相見積を取っても良いかどうかの確認を取って、複数業者に当たってみることが大切です。

内装解体の見積もりを依頼する時は、入居時の内装工事図面や資料、オーナー側の原状図面や原状仕様書、賃貸契約書や館内規則書を準備しておくと、スムーズに進みます。

特集
「建物解体」でみんなが気になること
建物解体の工事の流れや費用、葬儀後にまつわる相談事例を紹介しています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集