所得税

  • 読み:しょとくぜい
  • 別名:

所得税の意味(所得税とは)

所得税は、個人所得税と、法人所得税があります。

法人所得税は法人税ともよばれています。

1月1日から12月31日までの1年間にあった所得に対して課税される税です。会社員の人は給与から毎月自動的にひかれています。それ以外で一定額以上の所得があるのならば、税務署へ申告する必要があります。

所得税が課税になる所得の対象は、会社員、自営業者など10種類あります。

所得税の実際

所得税の課税は、総合課税と分離課税があり、所得の種類別に課税されます。総合課税は、その年の総所得に1つの税率が課税されますが、分離課税では、個別ごとに税率があります。

分離課税には退職金、土地、建物、株式などの譲渡所得が含まれます。利息にかかる所得税は、源泉分離課税制度になっているので、源泉徴収だけで税金の処理ができます。

課税される所得そのものの金額が大きくなれば、課税率も比例して大きくなる、累進税率が適用されています。所得控除があるので、課税額を出すときは、控除分を差し引いて計算をします。

関連する用語:贈与 死因贈与 遺贈 遺留分 遺言書 遺言 相続人
タグ:制度 相続 遺言

所得税に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。