エンディングパーク

銀行口座の凍結

  • 読み:ぎんこうこうざのとうけつ
  • 別名:口座の凍結

銀行口座の凍結の意味(銀行口座の凍結とは)

銀行口座の凍結とは、故人名義の口座が、銀行が死亡を知った時点で、引き出しができないように凍結されることをいいます。

故人の銀行口座の残高は、銀行が死亡を知った時点で相続人全員の持ち物になるため、個人が勝手にお金を引き出せないようになってしまいます。

死亡と同時に相続がスタートしますので、遺産分割協議を終えるまでは、勝手にお金を使うことができません。

銀行は、相続人の誰かが独断でお金を引き出してしまうと、責任が問われることになります。そのため、名義人の死亡が確認されると、すぐに口座を閉鎖する手続きを取ります。

死亡の確認は、家族からの申し出以外にも、回覧板や外回りの銀行員の報告など、さまざまな方法で情報を入手します。

地方では死亡広告などを通して情報を入手するケースも多いものですが、遺族が報告に出向かなければ、そのままになっているケースもあるといわれます。

どちらにせよ勝手に預金をおろししてしまうと、後々遺産分割協議の際に、トラブルを招くことになりますので注意が必要です。

銀行口座の凍結の実際

銀行口座が凍結される前に、キャッシュカードなどを使い、当面のお金をおろしている人も多いといいます。

口座名義の変更なども、贈与税として課税される可能性もあり、相続財産の一部とみなされて、後々の相続分に影響が出る可能性もあります。

相続には期限があります。一度相続税の調査が入れば、徹底的に調べられることもあるので、慎重に扱う必要があります。

銀行口座が凍結されることによって、当面の生活費に困るというケースや、公共料金の引き落とし口座としていたために支障が出ることもあるでしょう。

相続の詳細が決定するまでは、時間がかかりますので、当面の生活費や、葬儀の費用などでどうしてもお金が必要になれば、銀行に相談することがよいでしょう。

その際には、故人の戸籍謄本、法定相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明など、銀行側が提供を求める書類を準備し持参しなければなりませんので、事前に銀行にどんな書類が必要か確認しておくとスムーズです。

関連する用語:相続人, 被相続人, 遺言執行者, 相続財産, 法定相続人, 遺産分割協議, 相続放棄, 名義変更
タグ:相続 , 遺言書 , 遺産

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集