寺位牌

  • 読み:てらいはい
  • 別名:

寺位牌の意味(寺位牌とは)

寺位牌には、自宅にある本位牌の他に、寺院に安置するために用意したものです。

または、寺院やその寺院の本山に、供養をお願いしておさめる位牌のことをいいます。

寺位牌は、本堂や位牌堂など一か所に集められ、寺院によって供養されます。

家に仏壇や位牌を祀ることができない場合だけでなく、自分の代で位牌の継承者がいない場合なども、寺位牌にして永代供養としてお願いすることもできます。

寺位牌の実際

位牌をつくると、寺院で位牌の開眼供養をしてもらいます。すでにある寺院位牌に、追加で名前を彫ってもらうこともできます。

永代供養では、一定期間位牌の供養をしてもらった後、お焚き上げをして、霊位として供養してくれることになります。

費用は寺院によりさまざまです。

自宅にある位牌を寺院へ持って行って寺院位牌として預ける際には、寺院によって大きさや種類の制限を受けることもありますので確認されることがよいでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。