寺位牌

用語を保存しました

寺位牌の意味(寺位牌とは)

寺位牌には、自宅にある本位牌の他に、寺院に安置するために用意したものです。

または、寺院やその寺院の本山に、供養をお願いしておさめる位牌のことをいいます。

寺位牌は、本堂や位牌堂など一か所に集められ、寺院によって供養されます。

家に仏壇や位牌を祀ることができない場合だけでなく、自分の代で位牌の継承者がいない場合なども、寺位牌にして永代供養としてお願いすることもできます。

寺位牌の実際

位牌をつくると、寺院で位牌の開眼供養をしてもらいます。すでにある寺院位牌に、追加で名前を彫ってもらうこともできます。

永代供養では、一定期間位牌の供養をしてもらった後、お焚き上げをして、霊位として供養してくれることになります。

費用は寺院によりさまざまです。

自宅にある位牌を寺院へ持って行って寺院位牌として預ける際には、寺院によって大きさや種類の制限を受けることもありますので確認されることがよいでしょう。

<関連する用語>:板位牌 位牌 白木位牌 塗位牌 回出位牌 唐木位牌

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend