エンディングパーク

永代供養

  • 読み:えいたいくよう
  • 別名:

永代供養の意味(永代供養とは)

永代供養とは、墓地継承者が途絶えたり、または墓地や納骨堂を継承する人がいないことを前提として、寺院が代わりに一定期間、供養を行う契約形態です。

「永代」とはいえ、永久に供養をしてもらえるわけではなく、契約内容によって、十七回忌~五十回忌までといったように、一定期間の間、寺院や管理者側に経営が続く以上は、墓の面倒を見てもらえることになります。

内規を確認して、契約内容を理解した上で、契約することが大切です。

永代供養は、少子化が顕著になってきた現代社会では、選択する人が増えるなど、ニーズの高いものとなってきました。

永代供養の実際

永代供養では、現在ある墓に関して一定期間の供養を契約して、その期間が終わったら、合同墓地へ移動するというものと、最初から合同墓や納骨堂に合祀されるケースがあります。

寺院霊園によって供養する年数、墓地や納骨堂の形態、供養方法や契約年数といった詳細に大きな違いがあり、伴って料金にも違いがあります。

個別に遺骨を納めるところもあれば、最初から他の人と一緒に収められるという場所もあります。

一般合祀した墓からは、後で遺骨を取り出すことができなくなるため、墓地を変えて墓を引っ越す計画している場合には、注意が必要になります。

関連する用語:手元供養, 供養, 合祀墓, 弔い上げ, 墓友, 共同墓地, 合同祭祀, 無縁仏, 永代供養墓, 回忌法要, 家墓, 墓じまい
タグ:納骨堂・永代供養墓 , 回忌 , お墓参り , 合祀 , 継承

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集